レシピ・食べ方

【大根】栄養価が低いって本当?栄養効果を最大限活かす方法

大根の成分は95%が水分。

栄養価が低いのでは…と思う方も多いのでは?

実は、大根にしかない栄養があります!

また、大根の栄養を無駄にしてしまう方法・栄養効果を最大限に活かす方法をご紹介します。

この記事から分かること

大根の栄養素

部分ごとに違う大根の栄養素

栄養素を活かす方法

栄養素を無駄にしてしまう方法

うみ
うみ
大根をおいしく食べよう!

大根とは

  • 淡色野菜
  • 11月~3月(秋冬大根)は甘みが増す
  • 7~8月(夏大根)はやや辛みが強い
  • アブラナ科(キャベツや白菜と同じ仲間)
  • 根(白い部分)の95%は水分
  • 春の七草「すずしろ」としても知られる

大根の注目栄養と効果

注目の栄養と効果

ビタミンC
・抗酸化作用
・免疫アップ

イソチオシアネート
・血液さらさら効果

カルシウム
・骨を丈夫にする

カリウム
・高血圧予防

消化酵素たっぷり

【葉】
βカロテン
抗酸化作用、老化予防

葉酸
・造血

部分ごとに違う大根の栄養素

大根

白色部分

ジアスターゼ(消化酵素)

酵素リパーゼ(脂質分解)

皮の下

ビタミンCが豊富

先端

イソチオシアネート(辛み成分)が豊富

βカロテン

ビタミンC

カルシウム

カリウム

葉酸

良い大根の選び方

  • 葉は緑色が濃い
  • 色が白くて太く、ひげ根が少ない
  • ずっしりと重みがある 

栄養効果のある/ない方法

調理法
栄養効果のある方法

スープ

大根おろし

効果のない方法

おでんなど煮込み調理

消化酵素のジアスターゼ・酵素リパーゼは加熱に弱く、50-70℃で働きを失う。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので、煮込んでいる間にすべて煮汁に出てしまう

皮付近に栄養たっぷりなので、皮をむいた煮込み大根は栄養価ほぼゼロ!!

調理は丸ごと栄養が摂れるスープがおススメ。

「煮込み大根」にする場合は、煮汁も飲めるように薄味に

辛み成分イソチオシアネートは細胞が傷つけられると活性化。

大根おろしは辛いけど、血液さらさら効果抜群。

大根おろしにする際は、大根の先端がおススメ。

おろすと15分程で半減してしまうため、直前におろすが鉄則。

おろし汁にハチミツを加えて飲むと、喉の痛みを抑え、風邪予防。

大根の栄養素を守るには「大根おろし」が最強!

食べる直前に「大根おろし」で血液さらさら効果抜群!

大根の葉はβカロテンが豊富で、βカロテンは油との相性抜群。

油で炒めると吸収アップ!

まとめ

大根は部位によって栄養が異なる

大根の栄養素を最大限活かすには「大根おろし」が最強

煮込み大根は汁までとることで栄養を逃さない

大根の葉は、すぐ切り落とす&栄養たっぷりなので捨てない

うみ
うみ
読んで下さってありがとうございました。おしまい!

うみ
うみ
↓参考書籍↓

👇ぽちっと応援してくれたら嬉しいです!