野菜をおいしく

【パプリカ】と【ピーマン】の違い

パプリカとピーマンは色や形がよく似ている野菜です。

同じものと思っていらっしゃる方や、違いがどこにあるのか不思議に思っている方もいるのでは?

パプリカとピーマンの違いについてご紹介します。

うみ
うみ
パプリカとピーマン、おいしく食べよ!

ピーマンとパプリカの違い

パプリカ ピーマン パプリカとピーマンの違い

うみ
うみ
こうして見ると、基本的な部分は同じのようです

形・大きさ・色の違い

ピーマン

ピーマン

基本的にスーパーで売られているのは、緑色で未完熟のピーマン。

緑色のピーマンを完熟させると、青臭さがなく、甘みのある赤ピーマンとなります。

形はベル型で「肉厚・やわらかく弾力がある・皮にハリツヤがある」ものを選ぼう!

パプリカ

基本的にスーパーで売られているのは、赤・黄・橙色・緑。

ピーマンより大きいベル型で、肉厚。

ベル型で「肉厚でみずみずしい・皮にハリツヤがある」ものを選ぼう!

味・調理法の違い

パプリカ

ピーマン

独特のにおいや苦みが特徴的。

最近では品種改良により、苦みを抑えた品種があります。

青椒肉絲などピーマンのシャキシャキ感を活かす料理や、ピーマンに肉詰めのようにしっかり加熱して柔らかく食べる料理が代表的ですね。

ピーマンのビタミンCは加熱しても失われにくく、油で炒めることでβカロテンの吸収率も高めます。

また、加熱すると、独特のにおいや苦みが減るので、ピーマンは加熱料理に向いていると言えるでしょう。

パプリカ

肉厚でジューシーな食感で、甘く爽やかな味わい。

サラダやマリネなど、生食に向いています。

βカロテンが豊富なので、油炒めで栄養の吸収率アップ。

ビタミンCが豊富なので、ビタミンCを多くとりたい時はサラダで頂こう!

栄養比較

パプリカ

含まれている栄養は、比較的似ていますが、量が異なります。

ビタミンCの量
ピーマン<パプリカ

βカロテンの量
ピーマン<パプリカ

うみ
うみ
ちなみにパプリカは、野菜の中でビタミンCを含む量No.1
ビタミンCの働き、野菜ランキング、おすすめ飲料5選
【ビタミンCの働き】野菜ランキング・おすすめ野菜ジュース5選。ビタミンCの働き、多く含まれる野菜ランキング、おすすめ飲料5選をご紹介します。ビタミンCは、体内に貯蔵できないので、毎日とる必要があります。ビタミンCを多く含む野菜を知ることで、普段の食事バランスの意識を変えることが出来るようになりまよ。...

色別栄養素

一番栄養価が高いのは「赤」

熟すほど緑から赤へ(品種によっては黄色やオレンジ)へと色が変化します。

緑色が未完熟。

赤や黄色、オレンジが完熟。

栄養価や糖度は完熟に軍配です!

まとめ

パプリカ ピーマン

似ているけど、色や大きさ、味などの違いがある

パプリカもピーマンも、ビタミンC、βカロテンが豊富

うみ
うみ
読んで下さってありがとうございました。おしまい!

うみ
うみ
↓参考書籍↓

👇ぽちっと応援してくれたら嬉しいです!