野菜の豆知識

【ランキング】ビタミンKが多い野菜

ビタミンK野菜・食材ランキング

ビタミンKは止血や骨作りのために重要な役割があります。

骨粗しょう症の予防・治療薬として使われる一方で、血液さらさらの薬(ワーファリン)の働きを弱めてしまいます。

そんなビタミンK、野菜や納豆からとりやすいことをご存じですか?

この記事から分かること

ビタミンKの働き

ビタミンKの摂取量

ビタミンKを多く含む野菜・食材

ビタミンKの効果や、多く含まれる食品を知ることで、食事バランスを意識することができますよ。

一人暮らしで栄養が偏りがち…
家族の健康を考えたい…

なんて方、ぜひ読んでいってください♪

↓野菜からとれる栄養素の紹介記事はこちら↓

野菜を食べるべき理由
【野菜の栄養一覧】野菜をバランスよく食べることの健康効果この記事では、「野菜を食べるべき理由」について紹介します。野菜を毎日食べるべき理由は、野菜に含まれるビタミンやミネラルが健康に大きく影響するからです。この記事では、野菜をバランスよく食べることによる、栄養効果についてご紹介します。読めば、きっと野菜を食べるべき理由が分かりますよ。 ...

ビタミンKの役割

野菜
ビタミンKの働き

止血する物質の成分

吸収されたカルシウムを骨に沈着する(骨粗しょう症の予防・治療薬)

「血液をさらさらにする薬(ワーファリン)」を服用していたり、血栓症があり「血液凝固を抑える薬」を服用している場合は薬の作用を弱めてしまうため、ビタミンKの摂取を制限されることがある

1日の摂取推奨量、上限量

ビタミンK1日摂取推奨量・上限量


厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020」では、ビタミンKの1日推奨量は成人で「150μg」

とりすぎると

過剰症の心配はほとんどなし

不足すると

・通常の食事で不足の心配ない

出血しやすく、止血しにくくなる

・骨へのカルシウム沈着が悪くなるので骨がもろくなる

・新生児は頭や頭蓋内での出血を起こすことがある

ビタミンKが多い食べ物

野菜

・緑色の野菜や海藻に豊富

・納豆やチーズなどの発酵食品に豊富

野菜ランキング

ビタミンK野菜ランキング

うみ
うみ
ホウレンソウ、ブロッコリーで取りやすいですね。

春菊やモロヘイヤはそんなに量が食べれないかもしれませんが、ビタミンKトップクラスの野菜です♪

多く含まれる食材

効率の良い食べ方

ビタミンKは「加熱に強く」「油に溶ける性質」があるので、油を使った料理で吸収率アップ!

まとめ

野菜

ビタミンKは「止血」「骨作り」の役割

ホウレンソウやブロッコリーでとりやすい

油で加熱料理がオススメ

うみ
うみ
読んでくださってありがとうございました。おしまい!

〈参考文献〉
・厚生労働省「日本人の食事摂取基準2020」
・文部科学省「食品成分データベース」
・一生役立つきちんとわかる栄養学,飯田薫子・寺本あい監修,(西東社)

👇ぽちっと応援してくれたら嬉しいです!